CHECK

動画制作を検討中の方必見!相場・流れ・制作会社の選び方などのお役立ち情報をご紹介!

このサイトでは、動画制作の相場料金や依頼方法や流れなどを詳しく紹介しています。
制作会社によって、料金に差がある上に、制作の流れも異なります。
後悔しないためにも事前によく比較検討しておくことが大切です。
またこのサイトでは、制作会社へ委託するメリットについても、具体的に触れていきます。
さらに、制作会社を選ぶ際にぜひともチェックしておくべきポイントについても解説しています。
お役立ち情報が満載のサイトです。

動画制作を検討中の方必見!相場・流れ・制作会社の選び方などのお役立ち情報をご紹介!

動画制作を専門としている制作会社へ依頼すれば、高品質な動画を作ることが可能です。
制作会社にはプロクリエイターたちが在籍していますので自分たちで作るよりも動画が作れるというメリットもあります。
ただし、制作会社によって動画制作スキルや得意なジャンルや料金などが大きく異なります。
納期までのスケジュールや納品方法についても確認が必要です。
制作会社を選ぶ際には、それらの点をよく確認しておくようにしましょう。
流れなどが分からない時は、お役立ち情報を参考にしてみるのも手です。

動画制作にかかる費用相場はどれくらい?

動画制作に必要になるコストは、動画の再生時間に比例していきます。
一般的には、15秒あたりで3万円程度の費用がかかると考えられています。
専門性の高いものになればなるほどコストが大きくなりがちですが、基本的には再生時間が長くなるほど大きくなると考えておけば間違いありません。
一般的に、高品質な動画製作していくためには高度な機材が必要になります。
スキルやノウハウ、そして人材が求められることになりますが特にPR動画などの企業向けの動画になると、それだけ専門性が求められることになるため、クオリティが高くなっていきます。
クオリティが高いものを長時間で作っていかなくてはならないとすると、それだけコストを投じなくてはいけません。
実際に、企業向けの動画になると1本あたりでも10万円以上の相場になることも珍しくありません。
ですから、再生時間が長くなるほど動画制作では大きな費用が必要になると考えておくと間違いない現状です。

一般的な動画制作の流れを押さえておこう!

動画制作を依頼する前に流れを把握しておきましょう。
制作会社によって違いはありますが、大まかな進め方はそれほど変わりません。
最初に行うのはヒアリングであり、どのような動画が良いのか話し合います。
そうしてイメージを共有したら、ラフ画ベースのフロー図を用意して確認します。
この時点で意識にずれがあれば、再度のヒアリングですり合わせなければなりません。
このステップを終えたら実際の制作に入っていきます。
まず写真撮影や録音などにより素材集めを行うことが基本です。
それらを使って動画制作を進めていくのですが、いきなり最後まで仕上げるわけではありません。
プロトタイプ版を作ってイメージ通りか検討することがポイントになります。
それを何度か繰り返して完成したら、本当に問題がないか総合的なテストを実施します。
必要に応じて手直しを加え、微調整によってクオリティを高めて終了です。
後はメディアやネットを経由して受け渡しが行われます。

動画制作におけるターゲット設定の重要性

お金儲けだったり、ファンを増やしたりなど動画制作にチャレンジするのはメリットの多い行動と言えます。
携帯電話やパソコン、インターネットに接続できる環境さえあれば、誰でもすぐに始めることができるので、初心者だからといって臆病になる必要はありません。
しかし、動画制作をスタートさせる場合、初心者でも最初の段階でしっかりとターゲットを決めておくことが重要です。
性別、年齢、職業など具体的にどの層に視聴して欲しいのかをきちんと決めたうえで動画制作をスタートさせることによって、ファンを増やしやすくなります。
ターゲットを決めないままでは動画のジャンルがかなりバラついてしまい、視聴者は困惑してしまいます。
できるだけ統一させた方が見やすくなりますし、どのようなことを目的にしているのか伝わりやすくなるでしょう。
また、動画制作を自作ではなくプロに依頼するのであれば、どの層に向けてのコンテンツにするのかを説明することが大切です。

事前に配信媒体を決めておくのが動画制作のポイント

動画制作を行う場合、事前に配信媒体を決めておくことが大切です。
動画を配信する媒体は、テレビ・YouTube・SNS・自社サイト・デジタルサイネージなど数多くの種類がありますが、どの媒体で配信するのかによって動画の内容や長さは変わってきます。
同じSNSでも効果的な動画の長さは異なり、Twitterは30~40秒ほど、Facebookは50~60秒ほど、Instagramは30秒ほどの長さがユーザーが最も心地よく視聴できるとされています。
また、媒体によって視聴者層が異なるので、同じメッセージを伝えるにしても動画の内容を変えなければいけないケースも少なくありません。
さらに、納品ファイル形式・解像度・撮影機材なども配信媒体ごとに異なります。
例えば、YouTubeやSNSはスマホで視聴するユーザーが多いのでそこまで高い解像度は不要ですが、テレビや大型モニターなどに配信する場合は高い解像度が求められるので、鮮明に撮影できるカメラが必要です。
動画の長さや撮影機材などの違いは、動画制作費用にも影響を与えるので、複数の媒体に配信する予定があってもメインの媒体は決めておくようにしましょう。

に関する情報サイト
動画制作を検討中の方必見!

このサイトでは、動画制作の相場料金や依頼方法や流れなどを詳しく紹介しています。制作会社によって、料金に差がある上に、制作の流れも異なります。後悔しないためにも事前によく比較検討しておくことが大切です。またこのサイトでは、制作会社へ委託するメリットについても、具体的に触れていきます。さらに、制作会社を選ぶ際にぜひともチェックしておくべきポイントについても解説しています。お役立ち情報が満載のサイトです。

Search